手軽にできる頸部聴診法でのキープアップの比較検証の動画です。

 

考察

マウスピース、キープアップでの水5ccの嚥下後半部分で大きな音が発生しています。

 

すなわち、咽頭収縮筋の筋肉活動が、亢進していることを表しています。

 

よって、嚥下後半の筋肉トレーニングに有用である可能性が非常に高いです。

 

実験方法

水5mlの水を嚥下

①ナシ

②マウスピース(キープアップの斜面板、突起を取り除いた物)

③キープアップ

 

聴診器:リットマン カーディオロジーⅢ

マイク:タスカム DR-10L

周波数分析:WavePad