舌のたるみを鍛えるトレーニング

顔やお腹のたるみなどは、よく耳にする表現で説明がなくてもイメージできますが、舌のたるみと聞いて、どんな状態なのかすぐにイメージできない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
舌のたるみとは、口の中の正しい場所に舌が位置してないとお考えになればご理解いただけると思います。こちらでは、舌のたるみを鍛えるトレーニングをいくつかご紹介いたします。

舌を回す

一般的な日常生活において、舌を鍛えることを意識する機会もそうないと思いますが、舌が正常に機能しないと生活が不自由になることはいうまでもありません。下あごを支える舌筋と口周りの表情筋の弱まりが、舌のたるみを引き起こす原因のひとつでもあることを考えると、舌をたるまないようにするトレーニングとして舌を回すことを意識してみるのも良いでしょう。

簡単な方法として、口をOの字に開き、唇を前に出し、口をすぼめます。そして、口の中で舌を歯と歯茎の上を数回左右バランスよく一周させます。朝のお出かけ前や夜の就寝前に毎日行うだけでもよいトレーニングになります。

口笛を吹く

舌のたるみを鍛えるトレーニングとして口笛も有効です。口笛を吹く表情をイメージしてみてください。どんな表情をしていますか。舌を回すトレーニングと同様に口をすぼめる表情がイメージできると思います。
口をすぼめるだけでも多少のトレーニングにもなりますが、口笛を吹くと、舌のたるみと同時に表情筋の中でも口元の微妙な表情を演出してくれる口輪筋(口の周りにある筋肉)を鍛えるトレーニングにもなります。

また、口笛を吹くことは気分もよくしてくれますし、腹式呼吸を必要とするため、腹筋を鍛えることもできます。このように、舌のたるみ以外にも様々なトレーニングとして口笛を吹くことも有効です。

リップトリル(リップロール)

一般の方にはあまり馴染みのない言葉ですが、ボイストレーニングの基礎として有名な方法です。唇を閉じた状態で空気を口の中から出してブルブルと震わせる動きのことをいいます。舌のたるみを鍛えるトレーニングとしてはもちろん、口輪筋を鍛えるトレーニングにも最適なので、口笛が吹けない、もしくは口笛を吹けない場所にいる際には、こちらを実践してみるのもよいでしょう。

舌のたるみを鍛えるトレーニングの際には、当社の舌のたるみ強化に最適な舌筋強化具のご利用もご検討ください。セルフメイドな舌筋トレーニング器具で、手を使わずに舌筋を効果的に鍛えることができます。滑舌やフェイスエクササイズとしてもご利用いただくこともできます。舌筋強化具による舌の吸盤化で、ご自身の脳力や人生を開花させてみませんか。

いつでも、どこでも誰でもできる健康法をお届けしております。ご不明な点やご意見、ご質問、メッセージなどもお気軽にお問い合わせください。