滑舌が悪い原因とは

滑舌が悪いと、会話が上手く進まずにコミュニケーションが取りにくくなってしまいます。滑舌が悪くなる原因は、人それぞれ違いますので、自分に当てはまる原因を知って解消に努めることが、対策の1つです。

歯並びと発音の関係

歯並びと発音とは、切っても切れない密接な関係にあります。すぼめたり、横に伸ばしたりと、言葉を発する時にとる唇の動作は様々です。過度な隙間や歯並びの悪さが、発音に悪影響を与えてしまうのです。
1本の歯が抜けてしまうと、両側の歯にも影響があらわれます。少しずつではありますが、空いた空間に向かって両側の歯が倒れてきてしまいます。発音だけでなく、咀嚼や見た目にも悪影響を及ぼしますので、早期に治療する必要があります。

心理的な問題

ストレスと滑舌は、一見何のつながりもなさそうに思えますが、心と体は連動しています。不安感や恐怖心などのネガティブな感情もストレスとなり、滑舌に影響してきます。あがり症で言葉を上手く発生できずお悩みの方も多いでしょう。人前で話をするのが苦手な人は、決して少なくありません。内面的なケアをし、心の問題に目を向けて、心理的な問題を取り去ることで、会話に自信を持てるようになるかもしれません。

舌筋が衰えている

舌筋の衰えも、滑舌に影響しています。舌の動きが少なすぎると舌筋が衰えてしまうため、話をする回数の少ない人程、滑舌が悪くなる可能性が高くなります。舌筋トレーニング装置を取り入れたエクササイズを始めることで、舌筋を鍛えることができ、滑舌だけでなくフェイスエクササイズにもつながります。

当社では、舌筋トレーニングに最適な舌筋強化具をリーズナブルな価格で提供しております。従来からの舌トレーニングでは、なかなか強化できなかった舌根部の筋肉を鍛えるのに最適なエクササイズ装置です。気温が低くなると装置が硬くなり装着しにくくなってしまいますので、バスタイムでのご利用をおすすめします。