印象がよくなる発声を身につける

声は第一印象に残りやすい要素のひとつです。滑舌や声の質が悪いと、様々なシーンで不利になってしまうこともあります。相手への印象をよくしたいとお考えでしたら、筋肉を強化してしっかりとした発音・発声を身につけることも大切です。こちらでは、印象がよくなる発声を身につけるポイントをご紹介いたします。

話し方のポイント

はっきりとした発声を身につけるスタートラインとして、まずは舌、得に奥舌の意識が大切です。はっきりした発声ができる人のほとんどは奥舌の動きがいい人です。はっきりした発声ができるには、唇の動きを促し、舌の動き、得に奥舌動きで音の調整(共鳴)をしなければなりません。パ・タ・カの単語はこれらの動きを促すのに最適な単語でもあるので、積極的にこれらの単語が含まれた言葉を口に出してみるとよいでしょう。

また、感情を込めた発声も話し方のポイントで自然と声の抑揚につながり、印象のよい発声になります。その際には、声のトーンを明るく、少し高めのトーンを意識して声に出すようにしましょう。
その他、姿勢も話し方に直結しているので、話す時の姿勢も意識しておきたいところです。これらのポイントを踏まえることで、印象がよくなる発声を身につけることに繋がります。

息のバランスを考える

滑舌を悪くしている原因には、息の吐き方も関係しています。息の吐き方が悪いと、声を出すのに必要な器官である声帯を上手く機能させることができません。声帯は喉の奥にあるヒダ状の器官で、これを震わせることで声が出る仕組みになっています。声帯をしっかりと機能させることがはっきりとした発声には必要です。

また、息は吐くだけでなく、吸うことも大切でバランスを整えるのも大切です。そうすることで、声帯を上手く機能させることができ、良い発声ができるようになります。会話をしていて舌が上手く回らない、頻繁に言葉を噛んでしまう場合は、舌が硬くなっている証拠です。舌の動きをよくするために、舌の筋肉を鍛えるのもおすすめです。

筋肉を活性化させる

舌の筋肉は奥舌(舌根部)が、硬くなっていると滑舌が悪くなるといわれており、筋肉を活性化させることが大切です。奥舌をあげるトレーニングを行えば、硬さは取れ、話しやすくなり言葉も滑らかにスラスラと出てくるようになります。表情の豊かな方ほど滑舌がよく、表情に乏しい方は滑舌が悪い傾向にあります。 様々な役に合わせた演技が求められる役者、シチュエーションに応じた表情でのアナウンス力が求められるアナウンサーに滑舌がよい方が多いのも、表情の豊かさが必要とされている職業を考えると納得できます。筋肉を活性化させるトレーニングをする上で最も大切なのは、継続することです。

短時間でも毎日続けることがよい発声を身につける秘訣で、自分が1番続けやすいトレーニングを見つけられるかもポイントです。お風呂に入りながら、テレビを見ながらでもできる手軽なエクササイズとして、舌筋強化具を利用したトレーニングを取り入れてみるのもおすすめです。

当社では、舌の筋肉を鍛えるための舌筋強化具を販売しております。舌の筋肉を強化してよい発声を身につけてみませんか。舌の筋肉の強化により発声はもちろん、美肌小顔を目指したい方にもおすすめします。 舌が緩んでしまった口元は、長い目でみると歯並びにも悪影響を与えてしまう可能性もあります。舌筋強化具を利用したトレーニングで、ほうれい線や二重あごなどの悩みを解決してみませんか。舌筋強化具の機能説明をした動画もアップしておりますので、そちらもご覧ください。